カテゴリー別アーカイブ: 日記

あべのハルカス

近年、日本各地に大型商業施設が建設されています。一番最近建てられた物で有名なのはスカイツリーの建設に伴って出来た「ソラマチ」と言う商業施設ではないでしょうか。

またその近くに有る埼玉県越谷市の「レイクタウン」、同様に埼玉県三郷市の「ららぽーと」等、次々と商業施設が建てられていてその地域に大きな集客となっています。

スカイツリーの所に有るソラマチが建てられた東京都墨田区押上地区のあたりは昔ながらの下町と言う感じでした。そこにソラマチが出来た事により話題となり、大勢の人が集まる様になり、近隣にある店街についても集客が見込まれたのです。
またソラマチ等の商業施設が出来ると求人も増える為、多くの人の働き口も確保できる様になりました。
一番最近では大阪阿倍野地区に出来たあべのハルカスです。これは元々近鉄百貨店でしたがリニューアルして大型商業施設のあべのハルカスとしてオープンしたのです。

その建てられているビルの裏にはビルではなく一般の民家と言う本当に下町に有るビルと言う感じになっています。
同様に大型商業施設が出来た事で求人が増え、雇用が生まれ、集客も出来ています。少なからず近隣商店街もその恩恵を受けているのではないでしょうか。
下町だからこそ得られる人との触れ合いやホッとした雰囲気もこうした下町にも有る商業施設のメリットだと思います。

都会の中心部に建てる商業施設ももちろん良いとは思いますが、下町に建てられた商業施設は地域密着型の施設として今後もその地域に根付いていくのではないかと思うのです。つまり単独のビルではなく商店街の一部と言う様な感じでしょうか。
その為にあべのハルカスもどこか下町感覚を残している様な感覚があって居やすい施設だと思います。

LINEで電子コミックを読もう

今や多くの人がスマートフォンを持つ様な時代になり、携帯電話自体の使い方が変わってきました。
電子メールでやり取りしていたのをLINEを使ってやり取りする様になり、たくさんのアプリが登場して色んな事がスマートフォンで出来る様になりました。
数年前と比較して物凄い進化を携帯電話はしているのです。

そんなスマートフォンの人気アプリである無料オンラインメッセージ通話「LINE」が新たに電子コミックを販売する様になったのです。
アプリ名称は「LINEマンガ」となっていて、対応OSはiosとandroidでタブレット用となっています。

iosであればiphoneから、androidであればGoogle Playからそれぞれ無料でアプリがダウンロード出来るそうです。
タブレット本体だけではLINEのアカウントは取得できない為、スマートフォンのアカウントが必要になります。

スマートフォンのLINEで使っているアカウントがタブレットにも連携されますので、LINEに登録してあるメールアドレスとパスワードを使用して、タブレットでのLINEマンガのアプリでログインし、電子コミックを閲覧、購入する事となります。
当然LINEの本体が入っているスマートフォンでの閲覧も可能となります。
購入はLINEのスタンプを購入する時と同じ様にコインを購入してそのコインと引き換えにマンガを買う事にはなりますが、このコインはOSが違うと連携出来ませんので注意して下さい。

(androidのスマートフォンで購入したコインではiphoneでは使用できないと言う様になります。)
色んな電子書籍用のアプリが有りますが、それらと比較してみて使い勝手を試してみてはいかがでしょうか。

【電子書籍】