カテゴリー別アーカイブ: 恋愛

「好き」と「愛している」

恋愛を成功させるため、恋愛関係をうまく続けるため、愛情表現はとても大切な行為です。
特に女心としては、愛情を確認したいという気持ちが強く働くため、愛情表現がないと、自分のことを好きではない、興味がなくなった、と勝手に思いこんでしまうこともあります。
相手に対して好意があるとき、それが「好き」という気持ちか、「愛している」という気持ちか、わからなくて悩むことがあります。
一般的に考えて、恋愛が「好き」、結婚まで考えるほど深い愛のときには「愛している」と違いを考えます。
あるいは若いうちのつきあいでは「好き」、ある程度の年齢になり、大人の恋愛をすると「愛している」になっていくとも考えられます。
恋愛心理学から考えると、この2つの言葉の違いについて、意外にもあいまいになっています。

そこで社会心理学者が定義したそれぞれの必要条件について挙げてみます。
・「好き」の条件。
相手のことを好意的に見ることができて、尊敬していること。
相手に自分と似た点、似た感覚があると思うこと。

・「愛している」の条件。
いつも一緒にそばにいたいと思うこと。
相手のことを気遣えること。
相手を独占したいと思うこと。
相手と話し合い、お互いの理解を深めたいと思うこと。

しかし実際に、女性がいくらこうした言葉を求めても、言葉を口にしてはっきり伝えてくれる男性は少ないです。
男性の考えとして、「口に出さなくても、態度で示せばわかる」という気持ちが前提となっているのです。
これでは満足できないのが女心です。
しかし好きな相手とうまくいくためには、男性の些細な愛情表現も見逃さずにくみとってあげることが必要なのです。

【まずはお見合いパーティー】


しぐさとサイン

心理学を参考にすると、相手の態度、しぐさなどから好意のサインがわかり恋愛に発展することができると考えられています。
人間のしぐさは、無意識で本能的に現れているものです。
自覚していなくても、体の動作として気持ちが現れるのです。

心理学を利用すると、モテる方法を知ることもできます。
口説き方、恋愛のテクニックなども心理学から知ることができるのです。
男心、女心は、それぞれのしぐさ、態度から知ることができます。
そして男心、女心を知った結果、どういう態度をとれば、好意を持ってもらい恋愛へと発展できるのかもわかるようになるのです。

好意のある相手の前で無意識にしてしまう行動、態度、しぐさ。
・「アイコンタクト」。
・「距離の近さ」。
・「口調」。

人は興味のある相手へ、自然と視線を送ります。
好意の度合い、性格によって、アイコンタクトの量は違います。
好きな相手と話すとき女性はずっと視線を合わせて話をします。
男性も好きな相手の話を聞くとき、視線を合わせて聞きます。
社交的な人の場合には、多くの人に視線を向けるためこのアイコンタクトの時間は短くなります。
内気な人の場合には、アイコンタクトをするものの、恥ずかしさからチラ見を何回か繰り返すことになります。
性格によっても違いますが、人は興味のある人に視線を合わすため、目がよく合う女性がいたら、声をかけてみるといいと思います。

女性の場合、気にいった相手に「ボディタッチ」などやたらと触れてくる人がいます。
これはかなりわかりやすい例ですが、他にも話すときに距離が近い場合、好意を持ってくれているのだと思います。
パーソナルスペースに異性を立ち入らせる、あるいは立ち入るということは、その人と近づきたいという無意識の欲求なのです。
パーソナルスペースに嫌いな人が立ち入れば、「嫌だ」という感情がわくため、自然とそういった態度が現れると思います。
好きな相手の近くにいたい、それが女心なのです。

好きな人の前では、普段と違う口調になってしまう人がいます。
緊張して、声がワントーン高くなるとか、早口になるとか、黙ってしまうといった態度になります。
一般的に男性の場合には、好きな人が近くにいたら口数が少なくなり、女性の場合は、口達者になるそうです。
口調の変化は女性の方が素直に現れやすいです。

【まずはお見合いパーティー】


恋愛成就のポイント

5つ目のポイント、似ている点を見つけることです。
女性の多くは、「価値観」を大切にしていて、「価値観の同じ男性」を望んでいます。
恋愛、結婚において女性が男性に求める条件のトップ3に常に入っている答えです。

価値観が同じ、ということはつまり似ている点、似ている考え方が多いということです。
旅行が好き、食べ物の好みが同じ、好きなお店が同じ、好きなファッションが同じ、趣味が同じなどなんでもいいので、似ている点を見つけて会話の突破口としていくといいでしょう。

「価値観が同じ」ということは、女性が男性を意識し始めるために、最も大切なポイントとなります。
女心はわかりにくいものですが、価値観がある程度同じだと思えば、その女心をつかむことができると思います。
心理学上からも「価値観が同じ」ことは、かなり大きな意味を持ちます。

5つ目のポイント、タイミングを見て「告白」することです。
いきなり告白したら断られる、このままの友達関係でいい、と考える男性も多いようです。
しかし恋人がいる女性につきあった理由を聞くと「告白されたから」、「好きだと言われたから」という答えが多いのです。
中にはたいして好きではなかったけれど、言われたからとりあえずつきあってみたという人もいます。

眼中になかった異性でも、自分に好意をもってくれているとわかった瞬間、その人を異性として意識してしまう、それが女心なのです。
「好きだ」と言われて、嫌悪感を抱く人はいません。

「好きだ」と言われた、そのことがうれしくて何も考えずにとりあえず了承してしまう、それが女心です。
ですから、ある程度のタイミングを見ながら、自分の気持ちを伝えること、それが大切です。
まずは「好き」という気持ちを軽く伝えてみる、相手を褒めまくる、そして相手に自分を意識させて、その後は普段通り接触しておいて、しばらくしてから告白というのもいい方法だと思います。
恋愛心理学では「好意の通報性」と言う考え方です。

【まずはお見合いパーティー】