カテゴリー別アーカイブ: ファッション

20代男性の春夏ファッション

多くの20代男性はトレンドにも敏感で、メンズファッションに興味がある人も多いのではないでしょうか。
友達同士でアウトレットモールやファッションビルなどに服を買いに行く人も多いことでしょう。

けれども、中には服装選びが苦手であったり、メンズファッションやトレンドには全く興味がないという人もいるでしょう。
そういう人であっても人との付き合いはもちろんありますし、いろいろな場面で人と会う機会もあるでしょう。
そういうときに困らないように、できれば何パターンかコーディネートを覚えていた方が服選びも楽になります。

春夏にお勧めなのは、やはり涼しげで爽やかなスタイルです。
若さを主張しつつ、あまり派手になりすぎないものが無難ですね。

そうなると、トップスにお勧めのカラーは、白や水色です。
インナーに、こういった色のシャツやタンクトップを着て、その上に同系色の半袖のシャツを合わせれば清潔感もありますし、相手にも好印象でしょう。
薄手のパーカーなどもあると春夏どちらにでも使い回せるので、持っていて損はありません。

ボトムスは上が薄い色の場合、それに合わせて薄い色のものを持ってくるのが無難です。
ジーンズであれば薄い色のもの、ハーフパンツであればベージュやアイボリーなどのナチュラルカラーが爽やかに見えますね。

シューズはトップスの色に合わせるとトータルバランスが整います。
サンダルを履くよりも、ローカットのスニーカーの方が若々しさを感じられていいですね。

2013年メンズファッションのトレンド

2013年の春夏のメンズファッションの着こなしトレンドの1位は「肩かけ」だったそうです。
続いて、2位が白パン、3位がタックイン、4位がベースボールキャップで、5位がカモ柄となっています。

少し年齢がいった人だと、肩かけというと、どうしてもテレビのプロデューサーをイメージしてしまう人も多いのではないでしょうか。
トレンドというか、むしろ懐かしさを感じてしまいそうですね。
80年代のイメージが強いです。

けれども、メンズに限らず、肩かけは女子の間にも人気のようです。
確かに街中を歩いていると、見かけることがあります。

昔のイメージだとピンクのカーディガンという感じがありますが、色はベージュからグレーが多く、かけるというよりは、ちょっと乗せているという感じです。
春夏といっても、気温が高くなってくれば、こういうスタイルはあまり見なくなるでしょう。

またメンズファッションとして、ショーツも多いですね。
これも、トレンドと言われなければ、なかなか着こなしてみようと思う人は少ないのではないでしょうか。

最近の若者のファッションの傾向として、そこまでモードブランドを着こなす人がいなくなったということが挙げられます。
露骨にモードに合わせるのはいかにも洋服好き感が出てしまうので、敬遠されているイメージですね。
このあたりにも個性重視の世代観が表れているのでしょう。
「みんなと合わせるのではなく、自分は自分」と考えている人も少なくなさそうですね。