猫のしつけについて

猫は、かわいいからとただ飼って餌を与えているだけではだめです。
これでは飼い主としての責任が果たせていません。

猫を飼うからには、最低限のしつけをしなくてはいけません。
これは猫だけではなく、どんな動物を飼う場合にも必要なことです。
ペットとしてよく飼われているのが、「猫」と「犬」です。

しかし猫と犬では、しつけの方法が全く違うので注意してください。
犬は、飼い主に服従しますが、猫は服従しません。

猫は単独で行動する生き物です。

猫にとって大切なことは、いい環境で過ごすこと。
この点からみてもしつけの方法は違って当たり前なのです。

犬の場合、もともと群れをなして生きる動物なので、リーダーの指示に従い生きてきました。
これに比べて猫の場合、単独行動をして、全て自己判断して生きてきました。
学習能力も高い動物です。
そのため自分のことは自分で、といった感覚が身についていて、人に飼われたとしても「主人に従う」といった犬のような感覚がないのです。

しかし猫も家で飼うからには、きちんとしつけをする必要があります。
こちらの指示に従わせるという方法よりも、猫の場合は、「こうしてみてはどうだろう」、とお互いが探り合いながらルールを決めて行き、提案という方法でしつけをしていくとうまくいくと思います。

猫のしつけは、できれば子猫のときから始めた方がベストです。
早く覚えることができて、効率的にしつけをすることができます。
成猫からの場合でも、根気よくしつけていけばきちんと覚えてくれますから大丈夫です。

【猫のしつけについてはこちら】

猫のしつけ