強制労働

強制労働などという言葉は、現代の先進国では少なくなってきている(完全にないわけではない)が、世界では2000万人の人々が、自分の意に反した強制的な労働を強いられている。

アジアの国々などに行くと売春の客引きに声をかけられることも珍しくないが、そのようなことをさせられている少女などが典型的な例だろう。