公認会計士

公認会計士は財務書類の監査や証明を業務とする監査・会計の専門家です。
公認会計士として活躍するためには公認会計士名簿に登録する必要があります。
また、独立した立場で公認会計士は動くことが求められます。
特に、財務書類などの財務に関する情報の信頼性を示すともに、企業などの公正な事業活動であったり、投資者や債権者の保護なども考えなければいけません。
公認会計士は国民経済にとって健全な発展を促すために欠かせない存在です。
監査対象である会計主体とともに活動するのではなく、独立した立場が求められるのが特徴的な仕事です。