スマートフォンの音楽再生アプリがすごい

WalkmanやiPodといった携帯音楽機器から始まったミュージックデータ市場ですが、その後moraやiTunesをはじめとしたパソコンでのダウンロード時代、続いてスマートフォンのアプリへと変化してきました。

音楽再生アプリではiPhone(アップル)とXperia(ソニー)の2社が競合のメインとなっていますから、ここではそれぞれの機能を比べてみましょう。
iPhoneシリーズ(アップル社)はコンテンツの購入や管理をiTunesと提携して行っており、ファイルタイプや使い方がどの機種でも同じという点がメリットと言えます。

WindowsマシンでもiTunesが利用できますから汎用性も高まりつつありますね。
Xperiaシリーズ(ソニー社)はWalkmanアプリが標準装備されたことで音質が格段によくなりました。
イヤホンを挿すだけで音楽が再生され、抜けば停止するという機能を持った機種もあるのだとか。
moraからミュージックデータを購入することになりますが、強い保護のかかったソニーのミュージックデータは規格の継続性が欠点かもしれません。
またAndroidスマートフォンに標準搭載されているAndroidスマートフォンへの導入が可能なもの以外にも音楽再生アプリはありますから、それらの機能も比べてみましょう。

まず「music.jp」は音楽ダウンロードサイトとして有名ですが、ミュージックプレイヤーアプリは公式のものが提供されています。
新曲の発表後すぐにダウンロードができますからその点は大きなメリットと言えますね。
イコライザ機能が搭載されているなど本格的なミュージックプレイヤーとして玄人に好まれているのが「PowerAMP Music Player」で、音質を楽曲に合わせて調整可能となっています。