iphoneに機種変更する人も少ない様です

今、docomoの電話会社から販売されている、android製スマートフォンを利用している人は多いでしょう。
「iphone5s」がdocomoの電話会社から販売されると発表が出た頃は、おそらくたくさんのandroid製スマートフォン利用者が「iphone5s」へと機種変更をするだろうと考えられていましたが、その予想とは裏腹に、docomo利用者が「iphone5s」に機種変更をしている人は少ないそうです。
それはなぜなのか、その理由は次の通りです。

「現在使っている機能がiphone5sでは利用できなくなるため」
「将来的にはiphoneを持ちたいが、機種変更するタイミングが今ではないから」
「料金プランが高くなるから」

「今までは、docomoからiphoneが販売されたら欲しいと思っていたが、本当に販売されてみると、そこまで欲しいとは感じなくなってしまったから」
など、さまざまな意見があります。

確かに、機種変更のタイミングさえ合えばiphoneにしたいと考えている人はたくさんいますが、今はまだ機種変更するほどではないということなのかもしれません。
実際、iphoneとandroidとの違いを比べてみて、今まで通り、androidが良いと感じた人もいるようです。
その違いというのは、androidではできても、iphoneにはできない機能があり、その機能の便利さが、androidのままでいいと感じさせてしまう様です。
それとは別に、softbankやauでは、今までiphoneを利用していた人が新型機種へと変更をすることが多いようです。
docomoと他の電話会社とでは、機種変更を行う理由に違いが表れるようです。
しかし、これから先に、また新しいiphoneが販売されるようになった時は、どのような変化が見られるのか、注目していきたいですね。