バイ マレーネ ビルガー

ウィリアム王子とキャサリン妃がご結婚されてまもなく、カナダへの公式訪問で青年議会にご出席されました。

そのときに首相から手渡されたものが、ジュエリーブランドとして有名な「ハリーウィストン」から贈られたプラチナジュエリーでした。
ウィリアム王子には、ノースウェスト準州の公式ロゴである「ホッキョクグマ」をモチーフにしたプラチナのカフスリンクスが贈られ、
キャサリン妃には、同じくホッキョクグマをモチーフにしたプラチナ製にダイヤモンドをあしらったブローチが贈られました。
このときにキャサリン妃は「バイ マレーネ ビルガー」のドレスを着用しておられました。

バイ マレーネ ビルガーは、2003年に誕生して以来、デンマークを中心に人気を呼んでおり、
現在では世界42か国以上で販売されているファッションブランドです。
1950年代のファッションを連想させるレトロでクラシックな、女性らしいデザインが多いブランドです。
キャサリン妃が着用していたドレスも、クリーム色で7分袖の、ウエストラインが絞られたクラシックなデザインのものでした。
ウエストの太いラインが強調されて、身体のラインがシャープにみえるデザインです。

バイ マレーネ ビルガーは、2013年に日本での販売を拡大するために、八木通商との独占販売契約を結んでいます。

今までも海外ファッションを扱う通販サイトで購入することができましたが、今後はさらに国内通販でも手に入れやすくなってくると思います。
また、日本で初めての直営店を出店する計画も進んでいるそうです。

誕生すれば、日本でもさらにファンが増えることが予想されます。