キャサリン妃

キャサリン妃は、2011年にイギリスのウィリアム王子とご結婚されてケンブリッジ侯爵夫人となられました。
出会いは大学時代で、王子がキャサリンに一目ぼれしたことが交際するきっかけだそうです。

お二人は2010年10月に旅行先で婚約をかわし、翌年4月29日にウェストミンスター寺院で結婚式を挙げられました。
婚約指輪は、ウィリアム王子の母ダイアナ元妃がされていた指輪を受け継いだそうです。
結婚式の日はイギリスは公休となり国中でお祝いされ、また、夜にはウィリアム王子の祖母エリザベス女王主催のパーティーがバッキンガム宮殿にて開かれました。

王位を継承する者が、一般家庭から妃を迎える「ロイヤルウェディング」。
イギリスでは351年ぶりのことで、多くの国民が喜びの声を送りました。
キャサリン妃の外見だけではなく、内面からあふれる美しく優しい雰囲気に見とれた人も多いでしょう。
キャサリン妃が身に付けたファッションのすべてが店頭からなくなるほど、美しいプリンセスのファッションは世界中の女性を虜にしています。
彼女の上品で凛とした着こなしは、常に注目の的となっています。

ウィリアム王子とお付き合いされていた頃から、彼女のファッションセンスが良いことはよく知られていました。
キャサリン妃はワンピーススタイルなど、コンサバ系のファッションを好み、また、きちんとTPOも合わせています。
ご結婚されてからは、王室の公式行事での正装が取り上げられることが多いです。

ドレスでもスーツでも、上手に着こなし、ご懐妊されてからのマタニティファッションまでセンスが良いと評判でした。
キャサリン妃のファッションが世間に与える影響は大きく、利用されているブランドの通販では、同じ商品が売り切れになるほどの人気となっています。
マタニティファッションについても同様で、同じものを求める人でかなりの人気になっていたそうです。