日焼け 理由

紫外線を浴びると、日焼けしてしまいますが、これはUVBによるものです。
お肌の、表皮と真皮の間にある「メラノサイト」というところにメラニンを作らせて、しみやソバカスをつくり、肌を黒くするのです。
UVBは、日焼け止め化粧品でしっかり防ぐことができます。外出時は必ず日焼け止め化粧品を使いましょう。

もうひとつの紫外線、UVAは、美肌の大敵ともいえます。
照射量が多く、浸透力が高いので油断できません。

UVAは、お肌にとって大切なコラーゲンを破壊してしまいます。コラーゲンが破壊されてしまうと、お肌は潤いを保つ力を失い、新陳代謝が乱れてしまいます。
そうすると、見た目にもカサカサして透明感がなくなってしまいます。そのままの状態が続くと、お肌はハリをどんどん失ってくすみが生じ、老化した肌になってしまうのです。

しかも、このUVAは曇っている時も浴びてしまうので恐いのです。また、UVカットガラスも突き抜けてしまうのです。
屋内にいたり、天気の悪い日は大丈夫、と油断してはいけないのですね。

また、陽射しの強い時期だけでなく、一年を通じてガードする必要があります。
すぐには赤みや炎症が出にくいので、ダメージに気づきにくいのもクセモノ。
家の中で過ごす日や、曇りの日も、必ず日焼け止めの化粧品を使いましょう。

UVAを防御する値を表すのは、「PA」値。
「+」の多いほうが防御力が高くなります。
日焼け止め化粧品を選ぶときは、SPF値だけでなく、PA値も必ずチェックしましょう。